必要な情報|二重整形を検討したら口コミを参考にする【施術の内容や流れを確認】

二重整形を検討したら口コミを参考にする【施術の内容や流れを確認】

必要な情報

顔に触れる女性

方法によって特徴が異なる

二重の整形手術にはふたつの方法があります。ひとつはメスを使ってまぶたの下層の脂肪を取り出す方法で切開法と呼ばれています。もうひとつは糸を使って皮膚と筋肉をつなげて二重を作る埋没法です。埋没法はプチ整形と呼ばれており、メスを使わないで行えるということで口コミも多く人気があることがわかります。このふたつの大きな違いは、もしも整形をした後に気に入らない結果になった時に戻せるかどうかです。埋没法は糸をつけてあるだけなので、もし元に戻したいと思った時には比較的簡単に元の状態に戻せます。そのため、お試し感覚で行うこともできますし、二重の具合が気に入らない時には、埋没法をやり直すこともできます。埋没法は簡単に行える方法ですが、それでも手術当日や翌日は目元が大きく腫れることがあり、異物感を訴える人もいます。口コミを見ると、腫れの程度には個人差がありますが、大体1週間ほどで気にならなくなる人が多いようです。手術の傷は1ミリ程度の穴が残り、完全に目立たなくなるまでには1ヶ月ほどかかります。こういった影響があるので、目元の状態に違和感を抱かなくなるまでには1〜2か月ほどかかると想定しておきましょう。二重整形の方法としてたくさんの口コミがありますが、埋没法を試してもしばらくすると元に戻ってしまったという口コミもあります。これは埋没法の特徴のひとつで、完全に状態を変える方法ではないために、どうしても戻りやすくなってしまいます。元に戻すことができるということは、元に戻りやすいということと同じだということです。切開法の場合にはメスを使ってしっかりと二重を形成するため、自然と元に戻ってしまうということはありません。まれにまぶたの垂れにより二重がわかりにくくなるという問題が起こることがあります。これはまぶたのたるみは老化現象のひとつなので、完全に予防するのは難しいでしょう。切開法は一度行うと修正が難しく、元の状態に戻すことはできません。二重の幅が気に入らない時には修正できる場合もありますが、希望通りに修正することは難しいので、手術前のカウンセリングが鍵を握っています。事前に入念に二重の幅を確認して、どのような仕上がりにあるのかをチェックする必要があります。また医師の技術によっても仕上がりが変わってくることがあるので、信頼できる医師に整形手術を依頼するようにしたほうがよいでしょう。

Copyright© 2018 二重整形を検討したら口コミを参考にする【施術の内容や流れを確認】 All Rights Reserved.